2019年(己亥つちのとい年) 立春からの1年

よく歩く風水師 Kanaeです

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

2/4は、立春。

毎年のことなのですが、

りっしゅん  トゥー ミー (Listen to me.) 

っていうダジャレを言いたくなります。


、、、、、。

、、、、、。


しーん、としてしまった。





さて、気を取り直して。



立春は、風水では一年の始まり。

1/1頃からちらちらとイノシシの姿を見かけてはいましたが、

本日、2/4に己亥(つちのとい)年が本格的にスタート。


IMG_3343.jpg


己(つちのと)は、やわらかい土を表し、

亥(い)は、植物の種ができあがって、まだ芽の出ない状態をあらわしています。


己亥年のキーワードは、種まき。

大きな流れの中では、準備の年ということになります。

この準備をしっかりすることで、

2020年、庚子(かのえね)年は、いよいよその芽が出てぐんぐんと伸びてゆきます。


また、己と亥は、土と水の関係。これは、バランスがちょっとよろしくないです。

そのバランスを整えるためには、金の意味を持つ「肉体」をおろそかにしないこと。

体を動かしたり、行動したりすること。

また、体のメンテナンスをしっかりすることです。


さて、

風水の暦での新年の始まりは2/4ですが、

月の満ち欠けをもとにした「太陰暦」は2/5が新年。


何回お正月迎えるんでしょうか!?(ちょっと楽しい


私が、運勢を見る時に使う中国の星占い「紫微斗数(しびとすう)」

(またの名をパープルスター アストロロジー)

個人の運を細かく見るのは得意ですが、社会全体の運を見るのはできない星占いです。

けれど、1年を通した世の中の傾向だけは見ることが可能!

それによると2019年2月5日から2020年1月24日までは、


・人とのお付き合いが例年よりも華やか

・友人や兄弟などに喜びごと、祝い事が多い

・衝動的に引っ越したり、イメチェンしたりしたり、環境を変えたくなる、遠くに行きたくなる

・書類上のトラブルが起きやすいので気を付ける。特に引っ越しを伴う不動産などの契約


そんな1年になるんじゃないかな?ということが命盤には表れています。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


では、またね!


Kanae




この記事へのコメント

プロフィール

名前:
Kanae